婚活と、婚活以外と、いろいろ。

婚活をはじめる。変化と発見の備忘録。

カピバラさんと真剣交際に進みます。

カピバラさんとお見合いして約3ヶ月。

私はもう同時進行の人もいないし、たぶんカピバラさんもそうでは?と思うものの真剣交際に進もうという気配がない。

気配というか…

確実に次の予定を聞かれるし、絶対手をつなぐし、感覚的には真剣交際なのだけど形式だけが進まないというか。

カピバラさんからはかなり早い段階で好意を伝えられており、もしや私待ち?ちゃんと私の気持ちを知るまでって待ってくれてるのかな?などと考えていたところ、先日デートの帰りに「ハグしたい」と言われ、思わず「イヤ」と言ってしまう。

いやいやいやイヤっていうか、可能性は低いけど同時進行してるかもしれへん人と手をつなぐ以上のことは無理。

 

そんなことがあってハグ未遂デートの次に会った時、1対1の関係になりたいと思うのですがいかに?と切り出してみた。

今のままでは、手をつなぐ以上のことはしたくないと。

 

結果は…

カピバラさん、仮交際→真剣交際→成婚退会の「真剣交際」があることを分かってなかった…

当たり前だが話がかみ合わなくて、「考えたくないけど、もしお別れってなった時また費用がかかるけどいいの?」みたいなことを言われて、いやいやいやそゆことちゃうねーん、と。

それでやっと、「なんかそういうシステムあったかも」となり、それでは真剣交際で、となりました。

 

カピバラさん…取説を見ないで使ったり組み立てたりするひとやな。私もですけどね。

 

引き延ばされてるわけでもなく、私待ちということでもなかったようで、確認して良かった。

 

私が話している間、噛み合わないなりに一生懸命私が何を言いたいのか読み取ろうとしてくれてたのがうれしかった。

なんか、緊張すると考えてた順番とかすっ飛ばして結論だけ言ってしまったりズバッと言い過ぎたり迷走したりするんだよねぇ。

結局何が言いたいの?とか言うひとでなくて良かった。

 

もっと知りたいと思ってもよい、土台ができたというところか。

今は安心して、幸せな気持ちです。

相手の本当のところは分からないけど、自分の気持ちに迷いがないのがとてもうれしい。

 

そういえば、カピバラさんというひとは手をつなぐ時も「手を繋ぎましょう」、ハグをする時も「ハグしたい」、なんで言うんでしょう。

嫌がられたら困るからだとは思うけど、私は確認されるのが好きかもしれない。

断る選択もちゃんとあるんだなと思えるから。

でもこれは全部カピバラさんが相手だからなんだろうな。