婚活と、婚活以外と、いろいろ。

婚活をはじめる。変化と発見の備忘録。

デート② 二郎さん

二郎さんと2回目のデート。

お休みの日に水族館。

行き先決めるのに、涼しいところがいいと言わはるので、二カ所の水族館を提案。

水族館以外、涼しいとこ思いつかんかった。映画はだめだそうなので。

二郎さんからのちょっと検討しますというメールのあと、1週間以上放置。

結局行き先は思いつかなかったようで、私が提案した二つの水族館のうち、どちらに行きたいか問われ、私の行きたい方へ行くことに。

 

当日は車でお迎え。

チケットは、先日のごはんのお礼も兼ねて私が二人分買ったので、心置きなく時間をかけて見る。

ポニョさんと同じく、途中で座りたそうだった、とても。

40代って、疲れやすいのだな。自分のほうが体力あるかも。

じっくり見ていたらゆっくり待っていてくれて、特にこちらも気を使わずいられた。

でもチケット買ってもらったら、相手のペースで見ないとだめな気がしてしまうのかな。

デート最中の行動に限らず、話の内容とか言葉使いとか、どのくらい自分のペースを主張したらいいのかわからん。

地雷を踏んだら即交際停止?!とか考えると、いろいろセーブしてしまうものだ。

むつかしいな。

順路の一番背後のところで「やっと終わった」的なひと言。

それは言わないお約束では。。

 

婚活をしてなかったら、水族館なんて行くことなかったなぁ。

展示方法も工夫してあって、直接生き物に触れたりもする。

ラッコがかわいかった。

 

お付き合いを続ける、続けないの判断はどこですればいいのだろう。

二郎さんに関しては、ある決定的なことが2点あってお断りすることにしたが、それ以外はしっくりきていた。

いままでお見合いで会ってきたどの人よりも。

でも2点はどう頑張っても平行線だなと思った。

Nさんと比べてしまったりもして。難しい。

 

私は長子か一人っ子となじみやすいのかもしれないな。

あまりにも年上はちょっと。。。と思っていたけど、完全な年下の役割で行動したり話したりするのは単純に気楽だ。

 

ちょっと問題を感じる相手のことを、この人のことを理解できるのは自分だけかも、と思い込む癖があるな。

その癖が発動しない相手でないと、結局一緒にいる時間を休まらない気持ちで過ごすことになる。

挙句の果てに、私はこんなにやっているのにって、荷物を持たせてしまう。

 

好きになる要素はあったけど、幸せにはなれないと思ったからお別れとする。